FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2コンテンツマーケットでの販売を強化するかも!?

ミーコですぅ。

photo__000071.jpg

http://adult.contents.fc2.com/users/fetishstage/

photo__000073.jpg

あまり公にしていなかったんだけど、FC2コンテンツマーケットで細々と動画ファイルを有料販売しております☆彡

photo__000074.jpg

Gcolleでは不正使用のクレジットカードで商品を買い物されても、販売者側が全部負担する生産性のない大損して
しまうクソ仕様なので(普通はクレジットカード清算会社が補填するのが筋なんだけどなぁ)、現在FC2
コンテンツマーケットで色々とテスト販売に踏み切りました♪

photo__000070.jpg

Gcolleで販売しない商材も色々とアップするべく準備をしておりまーす(*´∀`*)

http://adult.contents.fc2.com/users/fetishstage/
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

CA時代にはもっとクソみたいなお客さんイッパイいたんですが何か?

ミーコですぅ。

ちょっとインターネットのニュースを閲覧していて気になったので、ボンデージとは全く関係ないけど
わたしが管理しているブログだからちょっと物申したいなと(^O^)

さかもと未明さんが旅客機内で赤ちゃんの泣き声でヒステリックになったとか、着陸間際にシートベルトを
外して移動したりとか、芸能人やら著名人の方々にはエキセントリックな行動を取る人は多くいます。
さかもとさんの行動は氷山の一角ですからね。わたしがCAやっていた90年代、97~98年頃までは
機内の後方座席のみ国際線でタバコを吸えたりしていたんですが、とあるタレントさんなんてね、
わたしを呼び出してどんな御用かと思ったら、タバコに火を点けさせるだけだったんですよぉ!
今まで生きてきた人生で一番屈辱を味わった経験だったりするんだけど(ーー;)

何が言いたいかというと、さかもと未明さんの行動はそんなインターネットで大炎上するほどの
大事になっているのが気持ち悪いなぁってこと。さかもとさんが自分でそのエピソードを語っちゃったのが
間違いではあるんだけどね。セクハラしてくるタレントや執拗に連絡先を聞いてくるプロスポーツ選手、
わがまま言いたい放題な有名歌手とか挙げたらキリがないもん。ちょっとだけ、さかもとさんを擁護
したくなったからボンデージとは関係ないエントリーしたので興味なければみんなスルーしてね☆彡

http://blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei/

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

カップルの方が参加!キャットスーツからの皮革拘束(僕らの王道拘束パターン)!

Mikeyです。

先日、東池袋スタジオにカップルの方が来訪し、皮革拘束具の体験講習会を行ったので
その模様を書き綴ろうかと~。

photo__000033.jpg

参加して頂いたTさん(♂)はVHS時代からの……というかサイトを立ち上げたばかりの
頃のFetish Stageの大昔からの大ファンの方で、スタジオではアメリカのボンデージ事情や
作品撮り時の撮影秘話など様々なエピソードを話しつつ、パートナーのMさん(♀)を
ガッツリと革拘束していく。

photo__000029.jpg

Mさんは身長が165cmと日本人としては比較的背が高い女性でもあったことから、
着ていただくキャットスーツも手足が飛び出すタイプにすれば手足が長くても
しっかり着れるわけなんです、はい。

photo__000030.jpg

Fetish Stageでは数多くのキャットスーツを取り揃えているのですが、身長の低い高いや
痩せている人向け、太めの人向け、さらに着ているだけで拘束感を味わえる伸縮性の
ないモノなどバリエーションを多く用意しているんです、はい。

photo__000032.jpg

ちなみに今回Mさんが着ている黒革のキャットスーツは伸縮性のないモノなので、
着ているだけで身動きが制限されてしまうから中々ポーズが取れないんですね。
で、この衣装着ている状態からのホグタイ拘束(海老反り拘束)はかなりハード
だったりします。

photo__000035.jpg

Mさんは体が生まれつきなのか、かなり柔らかいので(通常、水泳やバレエなど関節を柔軟に
しなくてはいけないスポーツをやっている人は大抵体そのものが柔らかいので様々な
拘束具にトライできたりします♪)初めての本格的なアームバインダーをいとも簡単に
着用可能でした。さらにタイトにバンド箇所も締め付けすることも可能でした♪

で、今度はTさんからのリクエストでMさんへ全頭マスクを。

photo__000031.jpg

衣装は北条司先生の漫画『キャッツアイ』で姉妹が着ているような赤色のスパンデックス
素材の伸縮性自在なキャットスーツを着てもらう。アームバインダーと全頭マスクを付けると
赤黒のコントラストがハッキリ出るから美しいことこの上ない!

photo__000036.jpg

この全頭マスクはアメリカのボンデージモデル、Ashley Renee(アシュレイ・レニー)からも
「このマスクは素晴らしいデザインなので欲しい。売っているところを教えて!」と
ボンデージモデル界のスーパースターですら魅了しているんです♪

photo__000034.jpg

実は目の部分がメッシュになっているので外が見える仕様になっているので、この上から
アイマスクで視界を完全に奪います。その方が拘束感もより増すし~。

photo__000038.jpg

さらにここからハードに責めるのならば……このようにガスマスクを身につけさせると
僅かな呼吸穴しかない全頭マスクに加え、ガスマスクの小さな呼吸穴で息をしなくては
ならないので、本当に苦しくなるんです、はい。

photo__000037.jpg

なもんで、この状態で長時間の放置をすると相手は呼吸困難になってしまうので要注意!

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

11月18日、日曜が最後のボンデージ撮影会!

Mikeyです。

photo__000804.jpg

11月18日、日曜に開催する撮影会を最後に、自由に使えていた東池袋スタジオはこの日を
境に閉鎖致します。西池袋で撮影会を専門にしているスタジオさんが僕らをドナドナ
してくれるそうなので12月以降も継続は決定しましたが(汗)。

photo__000806.jpg

で、18日の最後の撮影会はどういうわけだかお客さんの集客がイマイチなんですよね。
最後でもあるので格安にしたんですが……なぜなんだろか?

photo__000801.jpg

撮影モデルのひとみさんは90年代に大活躍した超有名なAV女優さんだったのですが、
ひとみさんの写真をアップしたら大変興味示してくれた人が多かったのに……うーん。
謎謎謎。

photo__000800.jpg

お客さん少ないけども撮影会は開催しますが、ひとみさんは今回2度目の登場ですが、
とってもエロいフェロモンをムンムンに醸し出している人なので、確実にお客さんは
満足してくれるんだけどなぁー。

photo__000796.jpg

僕も最後の撮影会ですからスーパーエロモードに突入してひとみさんをM的なまでに
お客さんの前で公開調教チックに電動マッサージ器で責めたり、乳首責めとか徹底して
行ないますので、参加してくれたお客さんには損をさせませんよ! 保証します♪

photo__000795.jpg

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

体験講習会は予想以上に問い合わせが多かったので……

ミーコですぅ。

photo__000784.jpg

体験講習会には沢山の参加希望やお問い合わせありがとうございます(´▽`)
東池袋スタジオは11月20日に閉鎖してしまいますが、西池袋で撮影会を
メインで運営しているスタジオがわたしたちを受け入れてくれることが
ほぼ内定しまして、12月以降も撮影会の継続はなんとかなりそうです(*´∀`*)

photo__000788.jpg

まずは撮影会も11月18日のひとみさんが最後にならない……と思うので安心してます♪

photo__000783.jpg

今回初めて体験講習会を開催するのですが、中々タイミングが合わず参加できない
FetishStageファンが多くいらっしゃったことから、西池袋のスタジオでも可能であれば
再び皮革拘束体験講習会を設けたいと思いますっ。まぁ可能であればですけどね(^_^;)

photo__000782.jpg

遠方から参加希望の方、カップルで参加希望の方、勇気を出して一人で参加する女性など
様々な方から応募ありましたが、残念ながら全員の方が今回体験できるわけではありません。

photo__000785.jpg

今後体験講習会を行なう時は、決められた日時を定め複数人でオフ会チックにやれれば
と思っておりますぅ。あと、拘束具や猿轡に興味抱いている女性はもちろん多かったのですが
キャットスーツなどフェティッシュ衣装を着ての全身をガッチリな拘束を希望する方が
思いのほか沢山いました。

photo__000789.jpg

キャットスーツって着てみたい女性ってすっごく多いんだなぁと実感(*´∀`*)

photo__000787.jpg

FetishStageではキャットスーツも小さなサイズから大きなサイズまで各種様々な
タイプを取り揃えてますので、太めの女性の方は随分心配されてましたけど
全然大丈夫ですよぉ。遠慮せずにお問い合わせ下さいませぇ~m(_ _)m

photo__000786.jpg

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

ネガティブなセブンティーン、栗原類を知っているかい? その2

Mikeyです。

photo__000755.jpg

このブログは直接僕が更新しているのではなく、一度書いたものをミーコへ送ってから、
改行してもらったり、てにをはをチェックしてもらったりして掲載してもらっているんで
先日書いている最中に本当に眠くなったので、途中だったけどその状態で書いた文章を
メールで送り中途半端に終わってしまったわけです。すんません(汗)。

photo__000765.jpg

で、タチバナさんは先に皮革拘束スタイルのボンデージを体験会で味わってもらった後に
撮影会でモデルになってくれるとのことでしたので、やはり拘束されることが
好きな女性やフェティッシュな衣装に興味を抱いている女性はモチベーションの高さが
全然違いました!

photo__000751.jpg

形としては素人とかアマチュア扱いですが、プロフェッショナルですよ!

photo__000764.jpg

撮影会参加料金もミーコの提案で45分=10,000円にしてみました。すると……いつもと
違いお客さんがフルラウンド、ガッツリ来場してくれたことから僕らもAV女優さん
だけではなく、アマチュア系の皮革拘束に興味持ってくださっている女性を率先的に
展開していこうとの話にもなりました。顔バレなし、脱ぎなしという条件下にも関わらず、
当日の飛び込み含め、お客さんが沢山来て頂けたのは大変励みになりましたね。

photo__000763.jpg

10,000円でスチール撮影、動画撮影の両方をOKにしていますので、結構割安感はあった
かと思います。が、45分というサイクルは難しい。普段であれば1ラウンド=60分か90分
で展開しているので、ペース配分は相当難航していた様子。ねいがディレクションして
いたので、僕は俯瞰から観察していたのですけども……彼自身、衣装チェンジや拘束具
チェンジ等のバランスには大変四苦八苦してました。

photo__000762.jpg

僕は前半の1~3ラウンドまではビデオカメラでの撮影を担当してて、後半の4~6ラウンド
では大量の皮革拘束具の整理(正確には整理っていうかパーツが足りなかったのを探してた)
に入り、現場はねいと蜂工房の蜂くんを中心に回してもらう。初めて客観的に2人が中心で
繰り広げる拘束ショウを遠目から覗いていたんだけど、僕が前に出て展開しなくても
それなりに回るんだなって安心。

photo__000749.jpg

2人とも研究熱心なので4人しか現場スタッフはいないので全信頼を任せておけるのも大きい。

photo__000761.jpg

2人に対しての課題は、多くの女性を拘束してきた経験値がまだまだ足りないので、
拘束具を締め付ける緩急や使用する際のポイント、それと拘束される側の女性のボディサイズ
や体の柔らかさ&硬さの見極めを素早く判断できるようになれば全てを任せられそう(笑)。

photo__000770.jpg

モデルを担当してくださったタチバナさんは自前の衣装もフェティッシュで素晴らしかった。

photo__000758.jpg

もう1ラウンドからエンジン全開でヤル気が感じられたので、現場の空気はセクシャルな
部分を押し出しつつ、笑いも多く入り混じりながら最後の6ラウンドまで完走。

photo__000767.jpg

そして今回皮革拘束とは少々趣は違うんだけど、ねいが大好きなので使ってみたいとの理由
から、布団圧縮袋で窒息プレーを撮影会にて初披露。これにはさすがのヘンタイな僕も
驚愕しまくった。普通に圧縮袋に入って空気抜かれて徐々に真空状態を作られるのは
何度か見たことあったけど、それでは面白くないと僕自身が思ってしまい、体と顔を拘束
した状態で絶対絶命のピンチなシチュエーションで圧縮袋プレーを、と鬼畜な提案。

photo__000752.jpg

そしてねいは実践。少しだけ袋の中に酸素を残しておくとタチバナさんが暴れるたびに
二酸化炭素が充満してくるのでギブアップは早くなる。逆におとなしくしていれば酸素の
減りは軽減されるのでギブアップするまでの時間は延長される。

photo__000753.jpg

うーん、面白い(笑)。ラバー製のバキュームベッドとは違い、呼吸穴なんぞはない
もんだから下手すれば命の危険もあるわけだ。しかし、タチバナさんは包まれたり覆われたり
するのが大好きなもんで、率先して何度も何度も挑戦する。はたから見ていると滑稽な
姿かもしれないが、拘束された上に布団圧縮袋で閉じ込められるなんて絶望感極まりない。

photo__000754.jpg

タチバナさんいわく「この状態で袋に入っていると段々眠くっちゃう」と。

photo__000766.jpg

それは脳に酸素が回らなくなっているからである。危険と背中合わせではあるが、
信頼している面々でこのプレーをする分には楽しいだろうね。放ったらかしにされたら
死が待っているから、良い子はマネしちゃだめだよ!マジで!

photo__000756.jpg

そんなこんなで、酸素のないところから解放された瞬間の空気は格別なものだろう(多分)。

photo__000758.jpg

というわけで、自分の趣味性癖を押し出すのならば……ねいに布団圧縮袋に入ってもらい
自分自身でどんな感覚か堪能してもらわねば! ってことで早速トライ。

photo__000757.jpg

ねいは痩せているから圧縮袋に入っても余裕があってデブな僕からすると羨ましい限り(苦笑)。

photo__000768.jpg

体の拘束を一切されていないのに袋の中の空気が外に射出されていくと身動きができなくなる
そうな。確かに真空パックに入ったものってカチカチに固くなっているもんね。

photo__000759.jpg

タチバナさんはアームバインダー+猿轡の状態で良くぞ耐えたなーとある意味感動!

photo__000769.jpg

ちなみにタチバナさんは当初お客さんの前で素顔は一切出さないことだったんだけど、
来場してくださったお客さん限定で目力の強い素顔を晒してくれました。
もちろん素顔はインターネットで公開NGですのであしからず……。

photo__000771.jpg

今回タチバナさんをモデルに起用して色々と今後の方向性も固まってきた。
AV女優さんを使う撮影会と皮革拘束に興味抱いている一般の女性を起用した撮影会の
2本柱で行こうと思ってます。11月で東池袋スタジオは残念ながら閉鎖してしまうのですが、
池袋西口にある大手の撮影会スタジオが僕らの面倒をみてくれることになりそうなので
12月からもなんとかボンデージ撮影会は継続ができそうです!詳細は決まり次第、
ミーコがフェティッシュ・ステージのサイトで発表すると思います!

photo__000750.jpg

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

ネガティブなセブンティーン、栗原類を知っているかい? その1

Mikeyです。

今まではAV女優さんを主役に置いてボンデージ撮影会を開催していたんだけども
初めてアマチュア……という言い方は少々失礼ではあるんだけど、SM系の
緊縛ショーでモデルを務めたりしているタチバナさんが初のFetish Stageにおける
おなじみの皮革拘束を用いた撮影モデルに挑戦してくれました!

photo__000746.jpg

タチバナさんはスタッフのねいと皮革拘束の体験を希望してきてくれた頃から
親しくやりとりしていたことを察し、今回の撮影会ではねいにディレクションを
全て任せることにしました。僕は全く口出ししないようにしないと、若い人間が
育たないし、いつまでも成長せず言いなりのままになっちゃうじゃないですか?
僕はサラリーマンやっている頃から「若者には未来がある、未来を託せ!」と
常々言っていたし、年寄り側の我々はチャンスメーカーにならなきゃいけないって
日頃から後輩連中には言ってたんだよね。僕らTeam Mikeyって利益重視での活動は
あまりしていないことからサークル的組織な感覚ではあるんだけど、ねいのように
研究し努力を惜しまない若者は40歳を過ぎた僕やミーコ(ここ強調で!)は
とても評価しているんだよね。ただ……ねいって……二次元好きのヲタに加え、
ネガティブ・イケメンモデルで現在人気急上昇中の栗原類ソックリなもんだから
Team Mikeyの中でネガティブな人間にならないで欲しいんだな。

photo__000745.jpg

……あれ?あまりにも2人が顔だけじゃなく声や喋り方までソックリだから
オーバーラップしすぎちゃっているわ、すまん(苦笑)。
実際はネガティブさはあまりなく、貪欲に”Mikey”の後継になれる素養は
かなり持っているんだよね。

photo__000744.jpg

そんなこんなで僕やミーコ(age 40)も、少し変態……ではなく酷く変態な
ねいに大変期待していることから、過去に2回しか使ったことのない貴重な鼻フックを
ミーコから贈呈。SV-02のオープニングでシルバーのボディコン衣装を着用していた
ミーコに僕が無理矢理、というか事前打ち合わせせずに強制的にイタズラ心で
使った鼻フックをねいにプレゼントしたのさ。あの撮影の後、一度も使わず封印していた
ミーコ使用の鼻フックなだけにきっと喜んでくれるはず(ミーコ本人談)。

photo__000747.jpg

ってなわけで、ねいに僕らは期待しているからこそ、”Mikey”以外が完全ディレクション
する初の撮影会でもあったわけね。

あ、眠くなったので今日はここまで(←オイオイ)。
ウンコして寝ます。おやすみ!(←オーーーーーーイ!)

テーマ : 緊縛・ボンテージ
ジャンル : アダルト

プロフィール

Fetish Stage

Author:Fetish Stage
Fetish Stage Blogへようこそ☆彡
このブログの管理人はホームページ同様
(www.team-mikey.net)
わたくしミーコでございますぅ~。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。